​バイオグラフィー

​「白木屋」シロキヤはかつて材木の関所をしていたことからついた屋号。木曽平沢は多くの漆器問屋と工房が立ち並び漆工町として重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 約600年前から続く、木曽漆器。

 木曽平沢は、日本遺産に認定されている木曽路の北の玄関口に位置。文豪島崎藤村の名著「夜明け前」の書き出し、「木曽路はすべて山の中である」で知られる通り、東西を山に挟まれた谷合に、多くの問屋や工房が軒を連ね漆工町を形成しています。木曽ヒノキに代表される豊富な森林資源、漆器に適した湿潤な気候や中山道の街道文化と相まって、産業として発展。日本有数の漆器生産地としていまに続いています。

 昭和に入り、木曽平沢は「重要漆工団地」に、木曽春慶、木曽堆朱、塗分蝋色塗りは「伝統的工芸品」に指定されました。

 また文化財修復事業にも早くから力を入れ、その実績は「新日本様式100選」に認定され、近年は名古屋城本丸御殿の復元にその技術が生かされています。

 漆は英語で「japan」とも呼ばれます。

 その歴史は古く、北海道垣ノ島遺跡で出土した漆塗りの副葬品は、約9000年前の縄文時代前期に作られたもので、世界最古。古文書「以呂波字類抄」には倭武皇子が狩りに出た際、偶然漆の木を発見。その木汁を持参品塗ったところ、美しく黒光りしたと記されています。

 漆文化は日本独自の発展を遂げ、その技術が磨かれてきましたが、漆そのものの研究が始まったのはごく最近と言えます。耐薬性に優れ、防水・防腐効果、抗菌作用がある-塗料として優れた特性を持ちながら、漆の魅力を尋ねられると、うまく言葉に出来ません。硬いはずの塗膜は、触れてみるとしっとりしていてやさしい。​数千年前、人々が採取した樹液を塗り、その美しさに感動したように、現代でも同じことをして、それを生業にしていることが、時折、少し奇妙で可笑しく感じます。

​宮原 義宗

1981 - 

2007 - 

​長野県塩尻市木曽平沢(旧楢川村平沢)に生まれる。

進学のため上京。帰郷後、家業の漆器製造業を継ぐ。

2008 - 2009

2009 - 

2014 - 

2012 - 2018

2019 - 

​東京 上野東照宮の修復に携わる。

以後、家業の漆器製造と平行し、文化財の修復を行う。

県宝 大町市若一王子神社 大黒町舞台。

県宝 松本市須々岐水神社 湯の原長お舟。

   松本市須々岐水神社 荒町お舟。                  etc

​東京 大本山護国寺月光殿 床の間 床脇 書院。

​名古屋城本丸御殿復元工事 漆塗り。

アメリカ ニューヨーク本願寺。

現地での空殿、須弥壇および仏具の修理・塗り直し作業。

​グループ

2013 - 

2017 - 

​宮原 正岳

1948 - 

1966 - 

​長野県塩尻市木曽平沢(旧楢川村平沢)に生まれる。

高校卒業後、家業を継ぎ塗師に。

漆器製造 一級技能士 (ろいろ塗り)

​通商産業大臣認定 伝統工芸士

職業訓練指導員 塩尻市木曽高等漆芸学院 漆工科指導員

​        長野県上松技術専門校 木材造形科 漆実習講師

 © 白木屋総本家漆器店 2020

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーTwitterのアイコン